肝斑に効果のある食べ物ってあるの?

最近は、テレビCMなどでも耳にすることが増えた「肝斑」という名まえ。肝斑は、40代から皮膚の表面にでてくるシミの事をいいます。肝斑は主に目元やおでこ、鼻の下に現れます。この肝斑は、更年期などによく出るとも言われています。そんな肝斑に効果のある食べ物はあるのでしょうか?

 

まずは、野菜です。健康に良い栄養素が含まれた野菜は、肝斑治療で使われるビタミンCやグルタチオンも含まれます。さらに低カロリーの物がおおいので体の中からきれいになりましょう。とくにパセリや明日葉、キャベツやピーマン、ほうれん草を意識してとりましょう。

 

つぎに、果物です。海外セレブの間では、野菜と果物をいっしょにグリーンスムージーにすることが流行しています。とくにアセロラ、レモン、キウイ、りんごやイチゴ、ゆずなどがおすすめです。

 

さらに大豆は、大豆たんぱくや高野豆腐、きな粉といった大豆類が肝斑には効果があります。ビタミンHやグルタミン酸が豊富にふくまれている大豆は、毎日少しずつ摂取することで徐々に肝斑によい効果がでるでしょう。

 

このようにちょっと改善が難しいとされる肝斑も食事からもすこしずつ改善することや予防することもできます。できることから少しずつ取りいれてみると良いでしょう。

 

アイキララ amazon