二重まぶたが年令と共に垂れるのはなぜ?

若い時はぱっちり二重だったのに年齢と共にまぶたがたれてきて印象が変わったと感じることはありませんか?

 

「二重まぶたから奥二重に・・・」だんだんと垂れてくるまぶた。その原因についてですが、

 

まぶたが垂れる原因は、まぶたの周りの皮膚のハリがなくなったり、弾力が無くなることで脂肪を支えることができなくなって脂肪や皮膚全体の重みで垂れてくるのです。

 

また、まぶたがたるんでくると視界が狭くなります。そこでしっかり目を見開こうとして瞼を力強く持ち上げようとすると今度はおでこにシワができてしまいます。

 

このようなことを繰り返しているうちに顔の表情筋や頭皮がこわばってしまいほかにも頭痛などの症状がでてくる人もいます。さらに症状がすすむと眼瞼下垂という病気になる場合もあります。

 

二重まぶたの様子が変わってきたと思ったら早めのケアで症状を進ませないように気を付けたいものです。

 

そこで簡単に取り入れられるのが瞼のたるみを解消するエクササイズです。

 

おでこに両手を置いて小指を眉の上にそって置き、他の指はおでこ全体を包み込むようにおさえます。

 

この状態で手のひらの中心がこめかみに来るようにおさえておでこが動かない状態になったら目をしっかりと見開きましょう。これを5秒間キープして、10回程度繰り返すだけです。

 

 

簡単なので、あいた時間にぜひ実践してみましょう。

 

 

 

eyekirara